歯周病について

顕微鏡とくすりによる治療

45歳の男性:
治療前の自覚症状「歯周病とい言われました。歯がぐらぐらして、噛むと痛いです。時々歯ぐきが腫れます。口臭もあります。」

自覚症状の変化:1週間で口臭、ネバネバ感が消失。出血なし。

1週間後の感想:「気になっていた口の口の匂いがなくなりました。歯ぐきが引き締まった感じです。噛んだときの違和感もなくなりました。」

歯ぐきの痛み、出血、腫れがみられます。
「最近痛くて歯が磨けないです」
腫れも引いてきており、出血もしなくなりました。歯石が見えてきています(矢印)
「3日目から出血しなくなりました」
腫れもなくなり、歯茎の色のきれいなぴ苦になりました。
「すごく気持ちいいです」

薬による歯周病治療終了後に注意すべきこと

  1. 歯周病は細菌による感染症なので、再感染に気をつけましょう。特に性感染に気をつけましょう。
  2. 歯周病をおこす細菌が感染しにくいように、お口の中を清潔に保つように心がけましょう。つまり、史跡やカビ菌を定期的に除去して、そして毎日の適切な歯磨きをしましょう。
  3. 歯周病をおこす細菌が再感染していないか、また、お口の中が再感染しやすい環境になっていないか、歯科医院での顕微鏡を用いた定期健診を受けるようにしましょう。