歯周病について

位相差顕微鏡検査

顕微鏡検査では歯周病菌やカビ菌がほとんどの方にみられます。われわれは患者さんの口の中の汚れをほんの少し採取し、それを顕微鏡で観察します。

顕微鏡で見ることで、今現在の菌の状態を確認することができ歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかってきます。

さらに映し出された胴画像を拡大表示する機能を用いることで治療効果のより分かりやすい説明を聞くことが可能です。

いったいどんな菌がいるのでしょう

位相差顕微鏡で確認できる菌の一部です。