総入れ歯とAll-on-4インプラントとの比較

ノーベルバイオケアのインプラントシステム

1952年、スウェーデン人のベル・イングヴアール・ブローネマルク博士は、チタンが骨組織と親和し結合することを発見しました。その後、長期にわたる研究を経て、1965年より博士は歯科分野でのインプラント治療を開始。以来、何百万人もの患者さんがデンタルインプラントによって、歯の機能、審美性、そしてクオリティ・オブ・ライフの向上を享受しています。

現在ノーベルバイオケアのインプラントは、埋め込んだ時には独自の形態によって骨に強固に固定され、さらにタイユナイトと呼ばれる表面加工が骨の形成を促進するため、短期間に骨と結合します。骨の状態によっては、これまで常識とされていた長い治癒期間を待つことなく、埋め込んだその日にカをかけることも可能です。

ここでご紹介するAll−On−4も、ノーベルバイオケアが行ってきた数々の研究結果に基づき、患者様の負担を減らすために提供する信頼性の高いインプラント治療法のひとつです。

本数の少ない最先端のインプラント治療法 All-on-4(オールオンフォー)

All-on−4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最少4本※のインプラントですべての人工の歯を支えることに成功。左記のような不安要素を解消することができました。手術や費用の負担を必要最低限に抑えた新しいインプラント治療法−それがAll-on−4です。

上下の顎にインプラントを10本づつ埋込
上下の顎にインプラントを4本づつ埋込

All-on−4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最少4本※のインプラントですべての人工の歯を支えることに成功。左記のような不安要素を解消することができました。手術や費用の負担を必要最低限に抑えた新しいインプラント治療法−それがAll-on−4です。

All-on-4(オール・オン・フォー)の治療例


All-on-4 術前

All-on-4 術後

※顎の骨の状態によってはインプラントの本数が多くなりますので主治医によくご相談ください。

総入れ歯とインプラント(All-on-4)の比較

創入れ歯によるトラブル   All-on-4により解消
入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が挟って痛む 食べ物がはさまって痛むことがない
噛む力を十分にかけられず、硬い物を食べることができない あごの骨にしっかりと固定されているため、硬い物も食べることができきちんと栄養が取れるようになる
歯ぐきが震われていて、食べ物がおいしく感じられない 天然の歯と変わらない感覚で物を噛んだり、味わうことができる
入れ歯が動いて発音しにくく、人と話をするのが億劫になる 固定されているため安心して話ができる
食後に入れ歯をはずして洗ったりするのが嫌で、外出や旅行ができない 固定式の歯になるため、取りはずす必要がなく、外出や旅行が楽しめる
口臭がひどいのではないかと不安で人に会うことができない 人と会うことに対して自信が持てるようになる
あごがやせてしまい、年老いて見える あごの骨の変形も少なく、若々しい顔貌を維持できる

たった1日で取りはずしの要らない歯に

All-on−4は、埋め込むインプラントの数が最少4本(※)。骨の移植なども必要ありません。抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで、1日で行うことが可能になりました。

つまり、今まで使用していた歯や入れ歯が手術当日まで使え、その夜には新しいインプラントで支えられた仮歯で食事をとることができるのです。

All−on−4は、短時間で固定式の仮歯が入る画期的な治療法。たった1日でお口元が劇的に変わり、さまざまな入れ歯の悩みから解放されます。

※顎の骨の状態によってはインプラントの本数が多くなりますので主治医によくご相談ください。

ノーベルバイオケアジャパン(株) All-on-4案内パンフレットより転載

© 2007 ノーベルバイオケアジャパン株式会社